Quiet

Pgpool-IIを導入するだけ

# はじめに

また、結構期間空いてしまいましたね・・・
3 ヶ月ぶりです。

さて、今回は Misskey を Pgpool-II に載せたいと思います。レプリケーションは別の機会にやります。

# 前提

info

pgdgのリポジトリを事前に追加していることを想定しています。

# インストール

sudo apt install pgpool2

# 設定

ここからが本番ですよ〜めんどくさい

事前に postgres 本体のポートを変えておきましょう。(今回は 60001 にします。)

# /etc/postgresql/13/main/postgresql.conf
- port = 5432
+ port = 60001

/etc/pgpool2/pgpool.conf を編集していきます。

- port = 5433
+ port = 5432

# 一応変えてある
- backend_hostname0 = 'localhost'
+ backend_hostname0 = '192.168.1.90'

# 変更したpostgresのポートを書く
- backend_port0 = 5432
+ backend_port0 = 60001

# 今はデフォルトでok
backend_weight0 = 1

# 一応合わせてある
- backend_data_directory0 = '/var/lib/pgsql/data'
+ backend_data_directory0 = '/var/lib/postgresql/13/main'

# レプリケーション関係。今は触らないでok
backend_flag0 = 'ALLOW_TO_FAILOVER'

# 一台なら多分適当でいい。デフォルトのまま
backend_application_name0 = 'server0'

# パフォーマンス関係はお好みに
# pgpool ubuntu [検索]

error

misskey用に使う場合、TLが壊れるなどの不具合が出るため絶対にmemory_cache_enabledをonにしないこと

以上で設定はおしまい。

# 最後に

あとは postgres と pgpool を再起動しておしまい

# 失敗する場合は再起動するといいらしい。
sudo systemctl restart postgresql
sudo systemctl restart pgpool2
前の投稿

Pythonでデコレーターで作った関数からデコレーターを派生させる