NOTE

この解説ではGitなどのコマンドがすでに使用できることを前提としています。

# 概要

ArchLinuxを入れてよし、いざゲームするぞー!と意気込んで sudo pacman -S steam をやろうとした人は少なからずいるはずです。しかし、ArchLinuxはデフォルトで32bitパッケージが無効化されている為、有効化した後にインストールしてもコアダンプが発生します。今回は32bitの有効化、コアダンプの修正を解説します。

# 32bitパッケージの有効化

さて、こんな辺境の地のblogを見てる時点で大体の方はご存知でしょうが、 一応解説をArchLinuxでは32bitパッケージがデフォルトでは無効になっています。 なので、最初にいきなり

sudo pacman -S steam
1

とコンソールに打ってもパッケージが見当たらないよ!と言われてしまいます。 ということで本題です。ArchLinuxでは無効になっているだけで、32bitは有効化できます。なので、手動で有効化する方法が以下の手順です。

/etc/pacman.conf に以下のような行が存在します。

#[multilib]
#Include = /etc/pacman.d/mirrorlist
1
2

見てわかるとおり、これらの行は#でコメントアウトされています。 そこで、そのコメントアウトを外しましょう

[multilib]
Include = /etc/pacman.d/mirrorlist
1
2

この様に先頭についていた#を外すことによりパッケージの有効化ができます。 しかしながら、このままだとパッケージリストが更新されていないため、以下のコマンドを実行して、パッケージリストを最新の状態にしましょう。

sudo pacman -Syy
1

# Steamのインストール & パッケージのインストール

さて、ここまで来ればフィニッシュに近いです。 ではいよいよSteamをインストールしましょう。

sudo pacman -S steam
1

よし、インストールに成功した!ここで喜びに浸るのはまだ早いです。 大きな落とし穴として、ArchLinuxではSteamをインストールするだけだと、コアダンプを起こし、起動することができません。
そこで追加するのが32bitのnvidia driverです

sudo pacman -S lib32-nvidia-utils
1

さて、これで遂にSteamが起動できると思います。

この記事を書いた人


ゆぴ

本サイトでのテンプレートのデザインに手を加えたり、独自のデザインを追加している人です。主にMinecraftServerを運営しています

# 参考

ArchWiki

# サポート

Discord